読売新聞の医療サイト「ヨミドクター」で通算4年間続いた「佐藤記者の『精神医療ルネサンス』」。精神科の驚くべき実態を次々と暴き、様々な改善につなげたこの伝説の連載が、タイトルを微妙に変えてKP Webで蘇ります。

佐藤光展
医療ジャーナリスト。神奈川精神医療人権センターアドバイザー&KP Web編集長。某福祉事業所生活支援員(潜伏取材中)。
神戸新聞社会部で阪神淡路大震災や神戸連続児童殺傷事件を取材。2000年に読売新聞東京本社に移り、2003年から15年間医療部に在籍。菊池寛賞や日本新聞協会賞などを受賞した看板連載「医療ルネサンス」の執筆や、数々のスクープで「医療の読売」を支えた。2018年1月に独立。著書は、新潮ドキュメント賞最終候補作の『精神医療ダークサイド』(講談社現代新書)や、『なぜ、日本の精神医療は暴走するのか』(講談社)など。
プロのスキューバダイバーでペーパー船長。自宅ベランダで宇宙の写真を撮りまくり、いかにも怪しげな「メンタル不調を吹き飛ばす宇宙パワー療法」を開発中。

最新の投稿
佐藤編集長の「精神医療ルネッサンス」 野村総一郎さんの「老子哲学療法」②/あえて「弱く生きる」ことの意味

老子哲学の根幹には、「無為自然」(ことさらに知や欲を働かせず、自然に生きる)という考え方があります。そして、老子が書いたと伝えられる「道徳経」には「弱さの勧めがちりばめられている」と、精神科医の野村総一郎さんは指摘します […]

続きを読む
野村総一郎さんの「老子哲学療法」① /西洋発セラピーを東洋的に改良

体はいたって健康で、特段の悩みもなくご機嫌に過ごしていたのに、ある日突然、脳機能の一部が異常をきたして深刻な精神疾患を発症する。そんなことは滅多にありません。 突発的な精神症状の裏には、これを引き起こす身体疾患が隠れてい […]

続きを読む