読売新聞の医療サイト「ヨミドクター」で通算4年間続いた「佐藤記者の『精神医療ルネサンス』」。精神科の驚くべき実態を次々と暴き、様々な改善につなげたこの伝説の連載が、タイトルを微妙に変えてKP Webで蘇ります。

佐藤光展
医療ジャーナリスト。フォトジャーナリスト。KPアドバイザー&KP Web編集長。OUTBACK副代表。某福祉事業所生活支援員(潜入取材中)。
神戸新聞社会部で阪神淡路大震災や神戸連続児童殺傷事件を取材。2000年に読売新聞東京本社に移り、2003年から15年間医療部に在籍。菊池寛賞、日本新聞協会賞、ファイザー賞などを受賞した看板連載「医療ルネサンス」の執筆や、数々のスクープで「医療の読売」を支えた。2018年1月に独立。著書は、新潮ドキュメント賞最終候補作の『精神医療ダークサイド』(講談社現代新書)、『なぜ、日本の精神医療は暴走するのか』(講談社)など。
プロのスキューバダイバーでペーパー船長。写真の腕前を生かし、細かな事などどうでもよくなる「宇宙パワーフォトセラピー」や、こころが晴れる「フォトセラピー」を実践中。

最新の投稿
長谷川利夫さんの「身体拘束のない日本へ」①/「不穏」で縛る不穏な医療者たち/拘束率は米国の266倍、豪州の599倍

この国で暮らす人たちの多くは、心のどこかでこう思っているのでしょう。 「精神障害者は危険だから隔離や拘束は仕方がない」 そんな発想こそが、「狂気」そのものなのに、全く〝病識〟がないのです。世間の無関心や後押しが、患者を違 […]

続きを読む
原義和さんの「映画『夜明け前のうた』」/私宅監置は「国家の恥」/隔離小屋の保存運動を

「沖縄では『私宅監置』の記憶がまだ生々しい傷として残っています。閉じ込められた本人が悪いことをしたわけではない。家族が自ら進んで悪いことをしたわけでもない。それは日本という国家が作った制度の中で行われて、本当に恥ずかしい […]

続きを読む
大野裕さんの「認知行動療法」④/人生に生かす武道力

米国の精神科医アーロン・ベックさんが提唱し、約30年間の不遇を経て価値を認められた認知行動療法。それを日本で広めた大野裕さんについて、「西洋かぶれ」という短絡的なイメージを抱く人もいるかもしれません。 しかし、限られた情 […]

続きを読む
大野裕さんの「認知行動療法」➂/デジタルセラピーの未来

「専門家」と一口に言っても、その実力は様々です。精神療法や心理療法といったカウンセリングの専門家にも、技術の優劣があります。質の低いカウンセリングを受けると、かえって悩みを深めるなどの「副作用」に見舞われる恐れもあります […]

続きを読む
大野裕さんの「認知行動療法」②/コロナ禍のメンタルヘルスパンデミックを防げ

新型コロナウイルスは、私たちのこころにもダメージを与えています。流行の長期化で、それは解消されぬまま蓄積し、世界中が「メンタルヘルスパンデミック」と呼ばれる事態に直面しています。日本では、昨年後半からの自殺者数の増加が、 […]

続きを読む
大野裕さんの「認知行動療法」①/「よかった探し」ではない

「精神科の薬物療法は万能ではない。取り巻く環境や、睡眠リズム、栄養バランス、運動習慣などを整え、狭まった視野を広げた先に回復がある」 うつ病などの精神科治療に対する、そのような至極真っ当な見方が近年広まり、視野の拡大を促 […]

続きを読む