専門家ならば「仕方ない」で片づけるな!/身体拘束の情報を医療従事者から募集開始/看護師らでつくる「身体拘束を考える精神医療従事者の会」

身体拘束は治療ではありません。縛れば縛るほど患者の心身の状態は悪化するのですから、当たり前です。それなのに、治療の一環だと称して身体拘束を乱発する病院もあります。こうした病院では医師や看護の力が育たず、身体拘束がますます増えていきます。

そこで、精神科病院に勤務する看護師らが2023年秋、「身体拘束を考える精神医療従事者の会」を立ち上げました。同会はWebサイトに次のように記しています。

精神病院では患者を縛るという原始的な方法をとり、身体拘束による後遺症や死亡など、多くの被害者を生み出しています。身体拘束行為は暴力であり、治療ではありません。適切な身体拘束などというものはあり得ません。私たち精神医療従事者は、精神医療の専門家として、人を縛る身体拘束がその人の回復を遠ざけることを知っています。人を縛らず、その人の回復をサポートしていくのが精神医療の専門家としての仕事であると考えています。専門家であるならば、「仕方ない」という言葉は使いません。当会は、「身体拘束」という原始的な方法をとらず、人権擁護に基づいた精神医療の提供を考えていく会です。

同会代表で看護師の浅野暁子さんは「精神医療の現場における人権侵害は、医療保護入院、長期入院など多岐に渡りますが、私たちは、極めて重大な人権侵害である身体拘束に焦点を当て、まずはそこを打破することにより、精神医療従事者の人権への考え方の転換につなげたいと考えています。被害者はもちろん非常に辛い体験をされていますが、精神医療従事者も『このような人権侵害はやりたくない!』という意思表示をしたい」としています。

同会は、Webサイトに「身体拘束に関する情報提供窓口」を設けて、医療従事者からの情報(身体拘束の濫用、死亡例、後遺症例、トラウマが残った例など)を求めています。自浄能力が全くない悪質精神病院を変えるために、下記のサイトから情報をたくさん送信してください。

身体拘束を考える精神医療従事者の会