「生きがい」って何だろう?/実習生の悩みをきっかけに考えてみた

みなさん、こんにピア!!

KP探偵役がすっかり板についてきたガンジー友蔵さん。今回は、進路に悩む福祉事業所実習生の悩みをきっかけに、「生きがい」について探ってみたそうです。

生きがい

ガンジー友蔵

先日、私が通う福祉施設の実習生から悩みを打ち明けられました。自分の目指している進路に疑問を持っているようでした。本当に自分がやりたいことは他にあるのではないかと。

話を聞いていて、何をやりたいか、何の仕事をやりたいか、で悩んでいるのではなく、淋しさの問題だと思いました。その実習生は、子どもが好きで保育士を目指していますが、年下ばかりの保育所よりも、年上ばかりの職場で働きたい気持ちが強くなっているというからです。

親とうまくいっていないのかも知れません。だから、年上の人に甘えたい気持ちがあるのかも知れません。そして「淋しさ」という感情に振り回されて、保育所にも必ずあるはずの「生きがい」に、期待できなくなっているのかもしれません。そこで、私の経験をお伝えしたところ、胸のつかえが少し取れたようでした。

私も学生時代は寂しかったです。大学に進む目的意識がなかったからです。フリーターになりたかったのですが、父の反対で進学しました。特にやりたいこともなく大学に入り、麻雀をし、お酒を飲み、恋愛で淋しさを埋めようとしていました。失敗だったと思います。失敗も経験の内に入りますが、その時にこそ、もっとやるべき事があったと今になって思います。

人生には、人それぞれ課題があるような気がします。その課題をクリアするまで、同じ壁に何度も何度もぶつかるような気がします。逃げても、逃げても、いくつになっても同じ壁が立ちはだかります。そして私は、病気になってしまいました。逃げ道をふさがれた気分です。好きな事をやるにせよ、やるべき事をやるにせよ、もう病気からは逃げられません。

不思議なもので、壁の前に立って困っている時、サポートしてくれる人が現れます。「大丈夫」とか「やっちゃいなよ」とか、または無言でヒントをくれます。人生を振り返ってみると、確かにいつも誰かいました。友人だったり、先生だったり、時には親だったり。

今は、私にとって人生の転機なのかも知れません。普通は、後になってから、あの時が転機だったなと考えると思います。私は、今、進行形で転機を感じています。今の福祉施設へ来て、1年半が経ちます。だんだん居心地が良くなってきました。家族関係も良くなってきました。

必要のないものは衰えていくと思いました。私は眼が悪くなってきました。気楽に本を読めません。新しい薬の副作用もあると思います。本に集中出来ません。以前は、駅のホームや空き時間によく読んでいたのですが、今は、老眼鏡を出さなくてはなりません。本を読まなくなってきました。神さまという存在が本当にいるのならば、本を取り上げられた気分です。「本ばかり読んでいないで、行動しろ」と。

今の福祉施設に来たのも何かの縁だと思います。腰を痛めたこともあって、福祉施設の作業にはあまり入れなくなりましたが、これからは、福祉活動に力を入れようと考えています。私にとっては、新しい体験です。長い間、一人もんもんと悩んでいましたが、新しい道が見えてきた気分です。私はあきらめないつもりでいます。自分の人生はこれからだと思っています。

あの時、もし、ああしなければ、こうしなければと、ずっと過去に縛られて生きて来ました。友達を失くしました。恋人も失くしました。もし、病気にさえならなければと、ずっと思って生きて来ました。でも、私にとって必要なことだったと思えるようになってきました。

私は、14歳の時に母を失くしています。母が生きていればと、何度も思いました。生きていてくれたら、確かに人生、楽だったと思います。でも、今のような形での成長は出来なかったと思います。私だけでなく、父や妹、弟にとっても。母には感謝しています。生きている間に愛情をたっぷりくれたことを。本を読むことを私に身に付けさせてくれたのも母です。でも、もう母離れする時が来たのだと思います。本を読む時期が終わったのだと思います。

生きがいとは、とてつもなく大きいものではなく、すでにあるのだと思います。それに気づくか、気づかないか。気づけるか、気づけないか。苦しい時がチャンスなのだと思います。

人生がうまくいっている時は、むしろ逆に気づきにくいと思います。うまくいっていない時に、小さい、ささいな事に感謝できます。親の存在、友人、恋人、仕事。気づきには、時間も必要かもしれません。機が熟するのを待つ、というのもあると思います。

私はずっと苦しかったです。今も苦しいです。でも、ふと気づいたら、ものすごく大きいものを得ていました。ひとつひとつは小さいです。新しく出来た仲間、仕事。こうして文章を書かせてもらえる機会。新しいことだらけで、怖さもありますが、この流れに身を任せて、新しく始まった人生を生きて行こうと思います。生きがいを求め続けながら。

ガンジー友蔵さんは確かに最近、イキイキしてきました。KPの電話相談ローテーションにも入ってくれるそうです。精神疾患を持つ人たちの真の力を生かす活動こそが、KPの真骨頂です。ガンジー友蔵さんはその先頭を走っています。次回は、引きこもりについて書いてくれるそうです。

それではまた、ケイピー!!

ガンジー友蔵さんの似顔絵(絵・平山真衣さん)